WSTマイス in 山陰-山陽鉄道の旅

京都の福知山から兵庫、鳥取、島根。山口、福岡と巡って来た管理人。
今度は山陽本線を東に向かうも…夕方出発で今日中に京都に着くのか?

山陽本線編

再び門司港駅に戻って来た。

門司港から小倉方面行きに乗って、門司で下関行きの電車に乗りかえる。
今思うと関門海峡を連絡船で渡った方が早かったかもしれない。


下関から山陽本線で新山口へ。


昨日の電車のトラブルについては駅の入り口にお詫びが貼られていた。
復旧まで相当長引いたみたいだ。

そして新山口。

何のかんのでさくっと一時間乗っている。

ここで白市行きに乗車。

白市って何処?
広島と三原の間あたりさ!

電車は走る。東に向けて。

瀬戸内海の夕暮れを車窓から拝む。


こちら山口。


まだまだ山口だが、ここでカープトレインとすれ違った。

まだまだ山口。

金魚提灯!

そのまま日が暮れてしまいその上結構な乗車人数なので撮影はなし。
駅を過ぎても過ぎてもいっかな山口に辿り着かない。山口を横断しているので当たり前。
岩国に辿り着いたのが2時間後で通過時にやっと山口を脱出できたか!と思ったがまだ甘い。
岩国も山口県だ。

山陽に乗った感想はやっぱり乗車率が山陰に較べて断然多いのと、瀬戸内工業地帯に面しているのか工場が多かった。
地理的にもそうなのか山陽線は名の如く活気があって車両数も人も多かった。
山陰独特ののんびりとした隠れ家のような雰囲気も良いし、山陽のように工業地帯に囲まれた活気のある風景も良い。

で、白市まで到着することなく広島駅で下車。

この時既に20時。三時間近く乗っている。
因みに白市到着は21時19分。そこまで乗ってしまうと新幹線が無くなるので、新幹線の本数の多い広島駅で降りたのだ。


始めまして広島駅。
青春18切符の旅はここで終了。ここから先は京都まで新幹線で帰還となる。

で、新幹線は本数があるし、一時間ぐらいで京都に戻れるだろうと高を括っていた。
取りあえずゲートを出て周辺をうろうろしようとしたところ、今日は試合があったのか球場帰りの凄まじい人数のカープファン集団に行き当たった。皆ユニフォームを着ているので赤い。

広島に来たからにはお好み焼きを食べたかったので駅ビルで広島焼きと牡蠣の鉄板焼きを食べる。
………あまりのボリュームに食べきれずに包んでもらう。
ここでやっと紅葉饅頭のご当地なめこをゲット。5県回って収穫は一個。

そして、お好み焼きを食って戻って来て緑の窓口で京都行きの切符を買おうとしたら、『もう京都行きは無いよ』と言われた。そんな、21時台なのに。
そう、山陽新幹線は22時台まであるが、東海道新幹線は20時台で終電なのだ。
京都は東海道エリアなのをすっかり忘れていた…。

更に舐めていたのが到着予定時刻で、新大阪への到着時刻が23時25分。
阪急の京都行きが無くなるか無くならないかの時間。東海道本線で新大阪駅から大阪駅に向かうので本当に微妙な時間なのだ。下手をしたら高槻辺りで足止めを喰う。


新幹線のご利用は計画的に。過信はダメです。

新大阪に着いた後、走った走った。で、何とか河原町行きの最終に間に合うことが出来た。
…が、宇治に行く路線が全滅だ。

その結果、

阪急大宮で降りて職場の近所のホテルに宿泊となりました。
普通に終電に乗り遅れました。はい。

山口のの字回転とか門司港に滞在とか色々原因はあるが、この一言に尽きる。

『新幹線の時刻と在来線の最終ぐらい調整しとけ阿呆…』

以上、2012年青春18切符で行く山陰-山陽の旅レポートでした。

大阪編

山陰-山陽の4日間の旅を終えてホテルから出勤した管理人。
だがその週の週末には…、


『こんばんは。私達は何故か大阪のハー○ンホテルにいます』
何故だろう。


ハー○ン名物。有線チャンネル。


押し入れ男も健在。
『構成メンバーは山陰-山陽編と変わらない』

つうか鞄から一度も出してねえだろ!

呆然とする水瓶座。
「果たしてここは島根なのか山口なのかそれとも京都に戻って来たのか…」
ビジネスホテルが主流なので大体同じ景色なのだ。混乱するのも無理は無い。

ビジネスホテル名物アダルトチャンネルの番宣パンフ。

『………』


それとなく気になるが水瓶座が側にいる手前読めない。

と、思いきや、

読んでいるじゃねえか。

1000円払ってビデオカードを買って見る訳じゃないのにこの食いつきよう。

『………』

もしかして修行の賜物、番宣だけで内容が解るのかと思いきや、

『伏せ字多くて訳わからんわ…』
それ以前の問題だった。

その上、水瓶座にばっちり見られていた。

『……別に否定はせんがな』
『せんがな』の先が怖い。

オマケに双子座。

『出先でそんなものを読むな。大概好色だなお前』
『貴様が言うな!』

そして射手座。

憚ることなく堂々と番宣を解読。
『これアカン伏せ字に他の文字を入れてみたくなるわ』

自分も読んでいたくせに、

『おいこら射手座!お前までそんなもの読むな!』
『そんなもんって言うな。ビジネスマンの夜のお供だぞ』

呆れ返る双子座と水瓶座。

『…好きな奴らよ』
だから、お前が言うな。

カード購入式かと思いきや、コイン式だった。

何だか古風。
『おお!100円で見られるのか!』
上だけ見れば一見そうとれる。

だが下のHOWTOを見ると。

結局のところ600-1,000円掛かる。
『…100円硬貨しか受け付けん訳か…』
小銭の持ち合わせが無い場合はくずしに行かねばならない。


『…と、言う訳で今300円しか持っていない。二人で力を合わせないかサガ』
『ふざけるなまるっとお断りだ』
この呆れ顔。

フロントへくずしに行くのかと思いきや。

なんとあっさり諦めた。
『何だケチだなサガの奴…』

そのサガは、

翼竜の隣にいた。
何とも哀愁漂う構図だ。

と、言う訳で明日は新幹線に乗ってかの地にリベンジしようかと思う。

ページの先頭へ戻る
前のページへ戻る次のページへ行く
メインのページへ戻る