真冬のマイス馬鹿遊戯特集

『炬燵三巨頭編』

ミノマイス入手記念序でに、何と無く炬燵を作ってしまった管理人。
休日だと言うこともあって、そのまま調子をこいて写真まで撮ってしまった。


材料はロフトで買った3mm厚のベニヤと、6mm角の棒。
それをひたすら切ってボンドで貼っただけのポシャイ作りである。
しかも、今日はコタツが要らん程暖かい。
ともあれ、ウーロン茶とゴマ団子と甘栗でまったりとしているジャージー三巨頭。


アイコ『あれー?オレのあまづ甘栗はー?』
ラダ『んなもんあるかい』天津を“あまづ”と呼ぶ奴は結構いる。
ラダ『ついでだがお前、“月極”って読めるか?』
全くどうでも良いことだが。

ラダ『残念だが、天津甘栗はここに存在しない。何故なら…』
『天国甘栗だからだ』
アイコ『ええ、エリシオン…?』
ミノ『ふふ、そんなのどうでも良いことじゃないですか』
ともあれこいつ自身はこれで極楽のようだ。

こんな暖かい日にやるのもアレだが、炬燵と言えばこれだ。

一人鍋。前回もそうだが、この人はよく一人で鍋をやっている。


余程厳格な鍋奉行なのか。
最早鍋の独裁政権状態だが、一人なので良しとしよう。

そしてこれもお約束

アイコ『あー!鍋ー!何でオレも呼ばないんだよ!?』
ラダ『…しつこいな。またお前かい』
食い物の匂いに敏感なのだ。寄って来ない方がおかしい。

それどころか、

ミノ『ふふふ、私もいますよ』
ラダ『すわ』
何時の間に。


ミノ『一人で鍋を楽しもうとしたって、そうはいきません。
大人しく私達に鍋を明け渡すのです』
ラダ『むうぅ…』
しかもアイコが炬燵にスライディングしている。
ラダマン、万事休す。★★オチの付かない寄せ鍋バトルはさておき、

一人炬燵シリーズミーノス編で晩酌をさせてみた。

酒は熱めの方が良い。

ティッシュも何だかいい感じだ。

何故かティッシュの付きまとうミーノス。
炬燵で寝たりするから、こんな目に遭うのだ。


気が付きゃ全員集合。
アイコ『お前、北欧出身なのに寒がりだな』
ミノ『…余計なお世話です』一方のラダマン鍋を横取りされて完全不貞寝。

そして一人炬燵アイコ編。

ともあれこいつはお菓子が尽きない。
そして、何故か辛子明太子君のぬいぐるみが付いて来る。

最後に内部紹介。

そんな炬燵だが、布団を剥がせば卓袱台になる。
しかし、大の男3人が使うには少々小さすぎる感もある。

お粗末さまでした。