マイス宇治-京都巡り

『平等院編』

去る2008年7月の末日、
管理人はmetropolisのデビロットさんがはるばる京都にお越しになるので、
水先案内人がてらマイス撮影に同行させていただきました。

世界遺産でもある宇治の平等院へ行きたいとのことで、
宇治は地元なので任せろ!と大胆に構えていたのですが、
意外とJRの駅からの行き方を覚えていなかったDAWN…。
速攻で炎天下を道に迷ってしまいました。うう。

ともあれ、ああでもないこうでもないと迷いつつ到着。

意外と駅から距離があったんだなあ平等院。
拝観料は600円だったが、鳳凰堂内は別途料金が必要なことが発覚。
この商売上手!

平日なので客はまばら…だが結構いる。
しかし、境内は広いので死角を突いて撮影敢行。

ミ様、念願の日傘。
代わりに私が日傘忘れた(涙…)。


『沖縄編ではこれがないので随分難儀しましたよ』
あんまり陽に当たると溶けちゃいそうだもんねこの人。


ところでこの背後のお堂なんだけど、確認したら『観音堂』でした。
なので…。
『安易だぞ。コラ』
尼僧服を脱いでからというもの、ガラまで悪くなったようです。


観音堂と私。
ちなみに観音堂内部は重要文化財なので撮影禁止。
『チ、ケチな寺だな』

優雅に庭園内を散策。

『日傘で優雅度アップです』
よほど気に入ったと見える。


日差しがあってもへっちゃら。
ついでにミーノス独自の諧調ぶっ飛びも防げるので一石二鳥。

さて、ミーノス&カノン遊戯もほどほどに…。

世界遺産と謳われた鳳凰堂へと向かう。


鳳凰堂の図。
翼を広げた鳳凰を模しているようなのですが、今も昔もピンと来ません。
しかも、気がついたら世界遺産です。

どの辺りが鳳凰か良く分からないが…。

この人が適任なのはわかる。
鳳凰堂なので特別出演。

このためにわざわざこいつを持って来たのだ。

鳳凰堂をバックに鳳翼天翔遊戯。
果たして、彼のポーズが正しいかどうかはわかりません。

鳳凰堂feat一輝遊戯って…。

『…良くやるよなあ管理人…』

………。

その一輝に倒されたので心境は複雑。


ありがとう鳳凰堂。結構面白かったよ。

…で、またしても境内をうろうろしていたらこんな社が。

何とここも観音堂。

船乗り観音というらしい。
確かに船に乗っている。

船乗り観音と言えば、オレだ!

同じカノンでも微妙に使い分け。

観音様とツーショットが理想なのだが…。

『しっかししょっぱい角度だな』
まばらに人が通るんで。

観音だろうが何だろうが関係なさそうなのがこの人。

『………』

今日も暑いのだ。

灯籠の陰で涼む。

蓮の花があったので。

『蓮の花と私』

 
鳳凰堂を囲う池には恋とは似ても似つかん目の離れた魚が泳いでいました。
木魚って言うんだっけ?

そうそうこいつもいました。

『素で忘れてただろう貴様』
御所ラダだって忘れているし。


鳳凰堂へ通じる橋が美しかったので。
『日傘忘れていますよ』


いや、セッティングする余裕が無かったんですよ。
『言い訳なんか聞きたくないです』

…と、言った具合で平等院遊戯は終了。

ありがとう平等院。また来るよ。

その後は…、

前回シスカノで取材した塔の島巡りだ。

…が、先日の雨でこの有様…。
晴れている時は奇麗なんですが…。

当然人もいないので鳩ものさばり放題。

御所鳩も大概だがこいつらもこいつらだ。

これには鳥類の王者もお怒り。

『なんだぁ!てめえら暑いからってだらだらしやがって、びしっとしろ!』
お前に言えた義理か。

ここにも。

『お前等だらけすぎ!』
お前もな。

当然鳩ども全く反応なし。

『………』
鳥類の王、面目丸潰れ。

一方、

濁流とカノン。
『神だ!!このカノンが大地と海の神になるのだーッ!!』
沖縄だろうが北海道だろうが東京湾だろうが大阪湾だろうが何処でも叫ぶ。

濁流でも元気です。

カノン『アテナとポセイドンとハデスに代わり、世界の全てを支配してやる!』

元気良いよなあ、

双子座カノン『丁度良い。征服ついでにちょっと泳いで男を上げて来たらどうだ?』
海竜カノン『ふざけるな。貴様こそ泳いでロボマンティスに男を見せてやれ』
何気に海竜の方が泳ぎが達者そうだ。

お兄さん登場。

(どっちとも言わずお前等二人とも溺れてしまえ)
面倒のかかる弟なんてこれ以上いらない。

双子座遊戯もさておき、

『十三の塔と私』
何で十三であるかに付いては聞かないで。
何でタナトスであるかに付いても。

濁流とサガ。

『同じ濁の字なら私は白濁液の方が好きだが』
…弟達と一緒に流されて下さい…。

塔の島遊戯もそこそこに、

またしても宇治上神社。

その後、宇治上神社〜早蕨の道を道なりに歩いて伊藤久右衛門でパフェをいただく。

デビロットさん持参のチビパフェも添えて。
あれ?チビ巨頭遊戯は?
…全く死角が無いので出せなかったんですよ…。

その後、京阪で四条まで移動。
ネタばらしショップ・ノム○テーラー・ドールショップと、
濃いラインナップをご案内。
前回は日本橋も案内していたしなあ…。
晩ご飯をネパール料理店でいただいた後、
外泊遊戯の真骨頂ホテル遊戯に挑むため、西洞院にあるホテルまで向かう。
…四条河原町から歩いて。

ページの先頭へ戻る
前のページへ戻る次のページへ行く
メインのページへ戻る