三賀日も終わり、今日からいよいよ仕事始めだ。
ハデス・パンドラの元に集った三巨頭。


三巨頭『新年、明けましておめでとうございます!』
ハデス&パンドラ『…うむ』
まるで事業所だ。

そしてパンドラ様から新年のご挨拶。

パンドラ『…近年先進国では少子高齢化が進んでいるが、途上国での出生率は年々伸び続けている。
故に、将来的に見ても死者の数は減少傾向に傾くことは無く、
我々の仕事の総量は将来的に見てそう変わりはないであろう』

尚も続く、

パンドラ『グローバル化する世界情勢とともに思想や犯罪が多様化し、
死者を裁く立場である今後時代の情勢に合わせた変化や対応が必要とされるであろう』

新年早々こんな演説聞きたくない。

パンドラ『また、増加する亡者達の問題に加え、アケローン河川敷に不法居住する
亡者達の処遇、そして第二獄周辺の再開発が今年の主な課題となってゆくであろう』

オルフェまで列席している。

ラダマイス(アケローン問題はここ数年ずっと先送りしてんだろ…)
オルフェ(第二獄の周りを勝手に再開発の視野に入れてんじゃない)
パンドラ『かくして新しい新年を迎えた今、冥闘士諸君も気を引き締め、
新たな気持ちで仕事に臨んで欲しい』

三巨頭全員で『は!』と言うのは毎年のお約束。

パンドラ『…して諸君。新年を迎えた今、今年一年の抱負を是非ともこのパンドラに聞かせて欲しい』
抱負、ですか…。
それは年越しにラダマイスが振ってくれたお題でもある。


予習しといて良かったぜと思う三巨頭に一人混じる聖闘士オルフェ。
オルフェ『…ちょっと待って下さい。ボクまで言わなきゃならないんですか?』
パンドラ『勿論だ』


オルフェ『そもそもボクは聖闘士です。
聖闘士であるボクが何でここに集わなくてはならないのですか??』
パンドラ『ハデス様に恩がある以上、お前もまたウチの従業員だ』
従業員って…。

尚も食い下がるオルフェ。

オルフェ『ボクよりも冥闘士シオンとか適材が他にいるじゃないですか』
パンドラ『たわけ。あんなものアテナの走狗に過ぎん』
いや、元がアテナの聖闘士だろ。

スケ番キャラなので脅しなどお手の物です。

パンドラ『それ以上つべこべ抜かすとユリティースの上半身までが石と化すぞ?』
目を閉じたまま恐ろしいことをさらりと言う。
たじろぐオルフェに見兼ねたラダマイス、
ラダマイス『もう良いオルフェやめておけ』


ラダマイス『そもそも冥界系はラインナップが非常に乏しいのだ。
頭数に入れられるのもある意味やむを得ん話なのだ』
既に冥界四/三巨頭だし。
3月にはタナトスが発売されるが、恐らくオルフェがここを脱することは出来ないだろう。

何だか釈然としないオルフェ。

オルフェ『良いんですか?ボク、裏切る気・ハデスを殺す気満々ですよ』
慢性的人材不足なのだ。それはやむを得ない。
ラダマイス『そんなこと問題ない。オレだってパンドラ様を殺す気満々なのだ』
パンドラ『…待てラダマンティス、その発言聞き捨てならんぞ』
オルフェの発言もな。

話が脇に逸れたが、

パンドラ『皆の今年の抱負を聞かせて貰おうか』

では逆時計回りに、

パンドラ『アイアコス、お前の抱負を一つ聞かせて貰おうか』
アイアコス『ハッ!』

予習したのになあ。

アイアコス『某の抱負は睡眠と栄養を十分に摂ることであります』
言い回し変えただけでまんまちびまる子発言。
パンドラ『…うむ』

うむ、じゃねえ。

ラダマイス『それは充分実行してるだろ!それは抱負ではない!!』
パンドラ『黙れラダマンティス』

新年早々『黙れ』を喰らう。

パンドラ『健康増進に努めると言うておるのだ。これは立派な抱負であろう』
ラダマイス『むぅぅ…』
これ以上何を言っても『黙れ』を喰らいそうなので何も言えない。
内心ガッツポーズのアイコ。
誰かさんとは要領が違うのよ。

では次、

パンドラ『ミーノス、お前の抱負は?』
ミーノス『…はっ、私ですか』

お前もか。

ミーノス『冥界の杉下右京となることです』
パンドラ『…うむ』

結局何でも良いんかい。

パンドラ『一日も早くその杉下右京とやらになれるべく日々努力を怠らないことだな』
ハデス(…その、スギシタとは一体何者なのだ…?)
多分パンドラ様も知らない。

そこでアイアコス、

アイアコス『…で、オレが相棒の亀山です』
APラダ『何を!亀山の座はオレだ!』

またやってるよ…。

オルフェ『…連中、一体何でもめてるんですか?伊丹さん』
ラダマイス『それは朝日放送の相棒を見ないことには…て、知ってるんじゃないか』

二巨頭のもめ事は劇的に終結。

パンドラ『黙れラダマンティス。そう言うお前の抱負は何だ?言ってみろ』
APラダ『…うっ』
その後ろで怪訝そうなハデス。
ハデス(…何でこいつらだけ2人??)

抱負…、

APラダ『えーと…オレの抱負は…』

折角年越しに予習したのに、

APラダ『今年こそパンドラ様にお仕置きされない…』
同じやんけ。

何と情けのない抱負か。

パンドラ『…フッ、そうか。私もそうなることを望んでおるぞ?』
何だか色々な意味合いを含んでいそうなニュアンスです。

で、

パンドラ『お前の抱負は何だ?』
一番聞き方がおざなりだ。

抱負、

ラダマイス『冥闘士達の労働条件の改善と待遇面での見直しを…』
パンドラ『………』

開眼!

パンドラ『却下!』
ラダマイス『…な!?』

何でオレだけ却下。

パンドラ『それは抱負ではない!要求だ!』
ラダマイス『分かっているなら早急に改善しろ!』
ちなみにラダマイスは毎年春闘に参加している。
新年早々夫婦喧嘩。


(壮絶だよな…)
パンドラとラダマイスが揃うと一年中春闘。

一足早い春闘のお陰で、

オルフェ(…ボクは抱負を言わされなくて済みそうだ)

そしてこの人は、

ハデス(余の影が薄いと言うか存在意義があまり無いのだが…)
本当にWSTではハデスを使いあぐねているがご心配なく、
パンドラだって最初半年は陰が薄かったので。
一年ぐらい立てばそこそこキャラは立ってきます。
管理人が覚えてさえおれば。

次回はいよいよ鏡割り大会ですね。

ページの上に戻る