ラダマイス萌え語り。

ラダマイスあってのWSTだと言うのに、
何で今までやらなかったのか、不思議と言えば不思議。
管理人DAWNはラダマイスからこのジャンルに飛び込んだ、ラダマイス狂である。
再販が出る度買って来た過去があるのでその数は言いたく無いがまあ結構な数。
今回はそのラダマイスの魅力を検証して行こうと思う。

さてそのラダマイスであるが、いかんせんマイスライナップでは相当初期に出たものである故、
後発で出た他の三巨頭との技術格差で叩かれ放題。
2007年3月にアッペンデックスでラダマンティス頭部が出たことによって漸く沈静化を見る。
しかし、アッペンで早速ラダマンが出たと言うことはメーカーへのかなりの要望があったと思われる。
ロスリア兄弟の方が先決のような気もしないでもないでもないのだが…。
ともあれ、そんなに酷いのかラダマイスの頭部…。
私はこれが可愛くて仕方が無いと思っているのだが、
言われてみれば仕方の無い話、確かに似ていない。

私はラダマンティスと言うキャラを良く知らないでこの商品を買ったが、
まるで別人と思うことがままあった。
暫くアニメキャラとマイスとのギャップに悩むが、
私はこのマイスが大好きだったのでそれはそれとまあ気にも掛けなかったのだ。
しかし、造形師だってデタラメに造った訳じゃない。
多分、造形師の方は一番印象に残るシーンを基に造形して行くと思うのだ。
で、多分登場当初のこのシーンを基に造形して行ったと思うのだが、どうだろう…。


そのシーン。

似ているかどうか、果たして微妙だ…。
アニメキャラクターと言うものは曲者で、
かなり緻密にレンダリングを施されたフルCGでない限り、
その日の作画師と作画監督、時期によってイメージが全く異なることがある。
かく言うラダマンも、ハデス12宮編と冥界編ではイメージも作画も全く異なっている。
造る側がこうだ、と思って造るシーンと、ユーザー側がこうだ、
と思っているシーンでは多少のギャップがあると思う。
に、してもこのラダマイスはこのシーンを除いてほぼ全滅で似ていないが。
これはあちこちで叩かれるのも無理も無い話だと思う。


その点APラダは改善されている。

まあ似ているし。

また、もみあげを初めとする髪の造形も叩かれる原因の一つにあると思う。
確かにちょっと大人しすぎるぞもみあげ。
しかし、このもっさりな髪の造形は空間的ボリュームがあって私は良いと思っている。
ただ、髪のボリュームが上に集中してしまった為、余計に別人に見えてしまうのだが。
スーパーサイヤ人辺りに…。

さて、似ているかどうかと言う議論はナンセンスなのでここまでにして、
ラダマイス狂らしく、そのラダマイスの魅力を検証して行きたいと思う。

ラダマイス最大の魅力は、やはり無表情な顔だと思う。

基本無表情。

吊り上がった目に横一文字の口、やたらシャープの掛かった面長。
買った時の第一印象は、『ガンダムみたいな顔しとるな…』だった。
流石はバンダイ。そう言えばこのマイスもMSinACTIONに思えて来たぜ。
と、言うぐらい無機質な顔だ。
唯一有機的な印象を持たせる眉毛もほぼVの字で記号のように描かれてしまっている。
その上目が角張っているのが余計に無機的に思えるのだろう。
しかも、睫毛も記号の如く描かれている。
ただ、とことん無機的に人間臭さを最大限に排除した中に、一種の気品すら感じる瞬間があるのだ。

人間臭さを排除した造形。

また、この顔は有機的部分を排除した結果か、中性的な印象すらある。
ラダマンティス自体結構中性的な顔立ちであるが、このラダマイスはどちらかと言うと無機質な、
静物的な中性さに近いと思う。
APラダにも中性的な部分もあるが、幾分有機的で男性的である。
もしかしたら、ラダマイスは中性的と言うよりも無性的なのかもしれない。
それ故か、男性服を着せても女性服を着せてもさして違和感を覚えないのだ。

お風呂に入っても。

また、この人間臭さを排した顔の構成は、寧ろ記号化されたものに近付いている。
その意味で言うと、ミッフィーやピングー、
果てにはパワーパフガールズなどのキャラクターに近いものを感じることもある。
え?管理人だけ??絶対関連キャラクター商品イケると思うんだけどな。
『RHADAMYTH』と言う独立したブランドで…。

無表情であることに加えて、やはりその眼が魅力を語る上で最も重要な要素だと思う。
角張った吊り目に三白眼。瞳のハイライトは無く点で瞳孔が描かれるのみである。
まともに見ると怖すぎる。

怖い。流石悪役キャラクターとして造られたと言うだけある。
私はこれ以上に恐ろしい眼の造形のマイスを目にしたことは無い。
黒サガだってまだ善人に映るぞ。
角張った眼と、曲線で構成された輪郭が独特のコントラストを醸し出している。
眼の直線と、輪郭や鼻の曲線との独特のバランスが魅力の一つなんだ思う。
しかも、アニメカラーでは金色(黄色)筈の瞳が、眉毛と同じ色を採用したため、
光源と角度によっては緑・青・紫と色んな色に見えてしまって良く解らない。
買って一年、こいつの本当の眼の色は一体何色なのか散々悩んだ。
彩度が低すぎるのと彫りが深くて様々な影が差すことで様々な色に見えるのだ。

やっぱり怖い。

恐ろしい反面、じっとこちらを見据える眼でもあるので、見るものの心を捕らえて離さないのだ。
何て言うか、粗末にしたら祟りのありそうな顔じゃない?
真一文字に結んだ口と合わせて、愚痴でも何でも聞いてくれそうに見えるのだ。
他のマイスではあまり類を見ない、無表情の中に誠意を感じる顔なのだ。

そして、ラダマイス素体を初めて見た人間の誰しもが違和感を感じること、
それは首の長さである。私も最初見た時首の長さが頂けないなと思ったのだが、
馴れと言うのは恐ろしいもので、半年ぐらいしたら気にならなくなってしまった。
故にWSTではしょっちゅう素体状態のラダマイスが登場する。
首の長さに目の馴れない人には見るに耐えない造形なのだが、
ラダマイス可愛さにどうしても配慮を欠いてしまう。
だって、真夏なのに襟巻きなんかしたら暑苦しいじゃないか。

首の図。

 長い、確かに長い。今改めて見たらやっぱり長い…。
ちなみにWSTではラダマイスの写真を首で切ってはならないと言う不文律がある。
切ると余計に長く見えるからだ。
何故こんなに長いのかと言うと、多分マスク装着時に動きに干渉させない為だと思う。
マイスは聖衣冥衣を来てなんぼ。脱いだ時のことなど考えて造る訳が無い。
そう言えば、星矢と紫龍の私服が出るみたいですね…。
さておき、この長すぎる首だか、見ようによっては結構涼しげである。
それは真夏限定の話としておいて、この不自然な程長い首も、
独特の気品を際立たせているように思える。
無機質な顔立ちに、すらっと伸びた首が独特の気品を際立たせてまるで貴婦人のように思えるのだ。

『ほんまかいな』

要は顔の造形が人として不自然だから、首が長かろうが気にならないのだが…。
ちなみに三巨頭マイスは大きく見せる為か素体の手足が長い目に造られている。
腕も足も長いのだ。だったら首ぐらい長くても気にならないんじゃないかと…。

ちなみに、首以上に禁忌なのが後頭部だと思う。

このキャラは短髪故に、首の継ぎ目がモロ見えてしまうのだ。
短髪も短髪、何気に後頭部刈り上げ君である。
多分素体を後ろから見ることを前提にしていないのだろう。
写真を編集しつつ、これは頂けないなと未だに思う。
だがこの首、継ぎ目が見えやすい分、
チョーカーのチェーンを余り噛まないので外での撮影には便利である。
特にAPラダやカノマイスの頭部は継ぎ目にチェーンが絡まりやすく、
撮影時に修正を強いられるのである。
APラダが首輪を良く付けているのはチョーカーを首の継ぎ目に噛まない為である。

でもごちゃつくの。

つうか、普通マイスにチョーカーはしないだろ。

そのラダマイスだが、
無機質に造ってあるのはマスク装着が前提になっているからじゃないかと思う。

マスク装着で男っぷりがアップ。

ただ、冥衣を組んだ形態のワイバーンの頭部と共通なので、
どうしても頭がの上半分が大きくなってしまう欠点がある。
その点ではAPラダは良く造り込んであるが、今度は顔が大きく見えてしまう。
でもまあ、アニメのラダマン自体マスクを被ったら髪の毛何処いくねんの人だから
こちらの方が忠実だが。
被り物としての合理性で言えば従来のラダマイスの方が的を得ている。
また、マスク装着時はラダマイスの方が雰囲気的には抜きん出ているんじゃないかと思う。
そのラダマイスだが、無表情がそうさせるのか結構パンドラにものを言いそうな顔に見える。

『お言葉ですがパンドラ様』

多分、真一文字の口が文句を言いそうなのだろう。

そして、
『お待ち下さいパンドラ様』

結構率先してやられやすそうな顔である。


真面目すぎる表情が却って情けなさをアップさせる。


角度によっては結構情けのない顔になる。
情け容赦無い造形だが、まさかこんな意味でも情けなくなるとは。


箱で人生を儚む。


また、シュールな表現にも適している。
ラダマイスは想像力を無限大に拡大させる素材でもあるのだ。

そのマスクを被ると真面目度がアップするラダマイスだが、
無表情すぎて、やる気があるのか無いのか判らない。

名物、ラダステップ。

上から見ると大真面目だが、下から見ると一体何を考えているのかさっぱり判らない。
だって、基本が無表情だからなあ。

これなんか特に。

下から見上げると眉毛と眼が離れるので無表情な眼のみが際立つからだ。

急だった眼の角度が下から見ると緩和され、そこはかとなく牧歌的な印象になる。
その無表情さは猫に匹敵すると思われる。
もしかしたらラダマイス好きは猫が好きな人が多いのかもしれない。
或は爬虫類が好きな人とかも。かく言う私は猫好きだ。
猫好きと言うのは大体、表情の無い猫の仕草や態度で感情を推察する。

ラダマイスの可愛らしさは猫と共通する。

 
表情の無さが無邪気さに共通する。


その無表情さと独特の気品が猫に共通するのではないかと。
ラダマイスの獰猛な顔つきと無表情に色んな妄想をかき立てられるのだ。

ただし、仕草は髪の毛の造形のダイナミズムでAPラダの方が一歩抜きん出ている。

『うお、潮満るの早ぇ!』

そう、ビビリポーズや驚く仕草が上手い。

そして、
 
『ゲロ船か…』
項垂れはこちらの方が上手。

『勘弁してくれ…』

脱力ポーズも上手い。
何でこんなに情けの無い仕草が様になるのか謎と言えば謎である。
多分、瞳が小さすぎて角度によっては白目剥きになるのが最大の原因であると思われる。


しかし、ラダマイスだって負けてはいない。

無表情だが、敵意は顔に表れやすいのがラダマイス。
元が悪役キャラクターで闘士なのだからそう造られているのだが、仕草一つで敵意を体現できる。

勿論殺意も。

『お前、いっぺん死ぬか?』
故に、WSTでは結構突っ込み役の位置付けである。
相手の顔を見据えているので、結構突っ込み役の構図に入れやすいのだ
。他に、サガマイスやパンドラマイスも突っ込み構図に適している。
いずれも世知辛いポジションですなあ…。

そして、顔パーツがはっきりしすぎている故、手ブレとかに結構強い。
多少ブレても顔がはっきりしているのでまあ使えるのだ。
実は手ブレ。

ブレている方が可愛く見える可能性も…。

また、目の構成が単純なため、目線替えなどのレタッチに非常に向いているのだ。
目線替えは日常茶飯事。

写真と平行してダラダラと書き連ねたラダマイス萌え語りだが、
各項目ごとの魅力を箇条書きするとこうだ。

  1. 記号化された顔のパーツに独特の気品がある。
  2. 長い首が角度によって独特の気品を際立たせる。
  3. 無表情の中に誠意がある。
  4. 生真面目すぎる表情がシュールな表現に適している。
  5. 独特の気品が猫に共通する。
  6. 首の継ぎ目にチョーカーの鎖を噛まない。
  7. 角度によって情けの無い顔になったり、突っ込み役に徹したりと、
    無表情な造形で多彩な感情表現が出来る。
  8. 顔立ちがはっきりしているので手ブレや遠距離からの撮影に強い。
  9. 眼の構成がシンプルなので、目線替えなどのレタッチが容易。

etc…判る人にしか判らないような…。
しかも、チョーカーや撮影に強いなどの利点はWST独自の問題である。
散々叩かれた挙げ句、殆どがお蔵入りしたラダマイスヘッドだが、
これを機に魅力を再認識してもらえたら、管理人としては嬉しいことこの上ない。