2014年新春マイス遊戯特集。

新年あけましておめでとうございます。

気が付いたら2014年。昔の特集とか見て「そっかー、2008年かー」とか思っていたが、地味に6年経ってる。
そんなWSTも今年の10月30日で9周年を向かえます。
2007年頃からお馴染みのラダマや聖サガや海龍カノンは2014年現在も相変わらず現役で日本と世界のあちこちを旅しています。


で、今年はラダマに着物を着せてみたので賀正ムードでこんなことをやっていました。

お正月遊びその一、羽根つき。

『行くわよー』
『うふふ、負けないわよーv』
何故におネエ口調
何しか審判をしている海龍。


『えーい』
『そーれv』
(マジ退屈…)
貞操やメンツを掛けたり2008年のような超人試合になるかと思いきや、そう言うフリもなく、猫をかぶったまま試合終了。

お正月遊び?その二、鞠突き。

『♪まる たけ えびす に おし おいけ〜♪』
(何で京都の通りの歌なんだよ…)
それは多分ここが京都だから。取りあえずこの歌は京都市内を彷徨う際に覚えておいて損はない。

………。

『…着物姿でそれを歌うとは更に惚れ直すぞ、ラダv』
この人の萌えの琴線は今ひとつわからない。
『♪はちじょう こえれば とうじみち、 くじょうおおじでとどめさす〜♪』
『…おいおい物騒だな』
『とどめさす』の『と』って十条って解釈で良いのかな?

お正月遊び?その三、カルタ取り。

『じゃあ行くぞ〜』
札を読んでいる海龍、付き合い良いな。

いざ、

『はなよr…』
『貰ったあ!!!!』
プロの百人一首大会か。


『めのうえn…』
『獲った!!!!』


『律儀もn…』
『そこかあ!!!!』

結局この有様。

『無理があれば道理が…お前らもうちょっと落ち着いて取れよ…」
『渡さないわよーッ!』
『私が見つけたのよー!』
バーゲンの奪い合いか。

カルタ取りで醜態を見せた後は…、

『さてここで、お遊びもそこそこに特別企画があります…』

それは…、

『おせち料理であるわ!』
小さな頃に食べたことあるが、高い&手間などの不評を買っていつの間にか廃止となった。ここ数年全く興味がなかったのだが、折角だから百貨店で頼んでみることにした。

で、あの黒いのは何?

『あ、それ黒豆さん。好きやから別枠で買うてん』

10度以下で保存とあったので買って今まで風呂場に放置でした。
…玄関とかネズミが来たらかなんし…。

早速開封。

開けるとこんな漆塗りっぽい箱が!

勿論漆ではないと思う。

大きさ的にもベスト。

『これってアレだろ、開けたら煙が出て来て爺さんになるあれだろ!』
『そう言うのに一番詳しいの、海将軍の自分ちゃうかな』

開けてびっくり、爺さんにはならなんだが、

中身はこう。
『おお!』
歓声を上げる海龍。

流石は市販のお節、何が何だか良くわからんがぎっしり詰まっている。

勿論、容器は取って置いて来年にスーパーのお節を詰めるのである。

何となく予感はしていたが…、

『黒豆あるじゃん』

ともあれ、お節と記念撮影。

『…百貨店で頼んださかい、これで1サガ(聖闘士版)しますのんや…』
『つまりは私一人の定価だ』


『何が何やらわからへん…』
一応解説書は付いていたが読まずに喰っていた。


お節と言えばこれか。
鮑に数の子。私の中では完全にハレの日の食べ物だ。

中略、

完食。清々しいほどに完食。
『…ふう、喰った喰った』
途中、魚の煮たのやら焼いたのやら照り焼きやらが三連打で出て来て何のこっちゃわからないで食べていた。…解説書は事前に読もう。

気になるお味は…、

『…まあ祝い料理だからな。おせちにも旨いとは言えん…』

6,000円するお節を旨くないと申すか!とも言いたいが、

『…新年早々下らんことを言いおって…』
こっちの怒りの方が甚だしい。

お節料理を食べた後は、お正月恒例のお年玉配布。

『先着一名!』
明らかに配布ではない。その足下では弟三種で取っ組み合いの修羅場状態。

何かなかなかせこい渡し方だ。

そもそもなんで双子なのに片方が与える立場なのか。
『こうでもせんとありがたみと言うのもが伝わらんからな』
真面目に渡しても『はした金』と言われるのがオチ。

が、別に受け取るのは弟だけではないようだ。
何と背後から。
『お年玉は貰ったぁ!!!!』
未だかつてボーナスをもらったことのない兄貴が背後から乱入。

一つしかないぽち袋を巡って更に乱闘。

『ふざけるな!兄貴であるお前に受ける権利はないだろう!』
『双子だからどっちが貰おうが私の勝手だろうが!貴様等、既に冬のボーナスが出ているのだろう!だったら私に寄越せ!!!!』
『そう言うものは弟に譲るのが良き兄さんと言うものだ!』
皆言いたい放題。
片や弟EXだけ乱闘に参加せず遠巻きに眺めている『んもー、兄さんたらー』。

骨肉の奪い合いを見物する聖闘士版。

(…別に私のポケットマネーではなく生活費の余剰分から出されてものではあるがな…。お年玉を巡って争っている姿を見るのは楽しい)
まさに鬼畜。

結果発表。

二人とものし倒して見事撃退した。
『聖闘士と海将軍倒すなんてやるやん。査定に入れとくで』
それが給料に反映するかどうかはまた別の話。

お年玉にこの執念。

『…伊達に修羅場を潜って来てはおらん。…貴様等のようなぬるま湯状態の海将軍と聖闘士には負けはせん』
その修羅場も殆ど自分で巻いた種だったりする。

だが、弟はもう一匹残っていた。

『やだ兄さんvすげえかっこいい。このお年玉を俺にくれたらイイ思いさせてやるよ』
『失せろ…私が勝ち取ったお年玉だ。そうやって漁父の利を狙う奴には渡さん…』

色仕掛けな分地味に厄介だ。

『んもー、そんなこと言ってーvイイことついでにデート代も食事代もホテル代も俺が全部出すよ?どう?』
『………』
どう考えたってぽち袋の中身よりもデート代の方が高く付きそうな雲行きだ。これは揺らぐ。

これもお約束。

『貴様等…』
お後が宜しいようで。

以上、お正月遊戯特集でした。

終わりかと思いきや、

『…さてここで、WSTから素敵なオマケです』

素敵と思うかどうかは見る人次第、自己満足の集大成WSTカレンダー2014年版です。
今年は殆ど旅行に行っていないので、北大西洋諸国・スカンジナビア編のみです。
大きさは例年通り。印刷に耐えるサイズかどうかは実験していませんので何とも言えません。

●一個ずつはめんどいので圧縮ファイル(zip形式)をダウンロード

2014年版


2014年01月


2014年02月


2014年03月


2014年04月


2014年05月


2014年06月


2014年07月


2014年08月


2014年09月


2014年10月


2014年11月


2014年12月

以上、お粗末様でした。
今年もWSTを宜しくお願いします。

ページの先頭へ戻る
前のページへ戻る