WST in Guam Island

慣れない車で運転した管理人。
結局運転に精一杯で大した名所も回らずじまいだった。
なので、今日は気合いを入れて回ってみることにする。

朝の遊戯編

一夜明けて朝。

今日は朝から天気が良い。


何となく情緒あるラダマのシルエット。

相変わらず食べられっぱなしのコゲ。

破廉恥だなあもう。

しかし、満更ではない。

気分は新婚さん。

一方、風情ある背中を見せていたラダマは朝食にまたあの罰ゲームシリアルを用意していた。

『自分らーさくさく喰いやー』
明後日帰国なのに全然消化できてない…。

最早存在自体が罰ゲーム。

『でもなあ、食べやすいようにスプーン買ってんで』

そして、ハーシーズのチョコドリンク。

『これは普通に濃くてうまいねん』
沖縄のブルーシールのチョコドリンクに通じるものがある。

海龍が起きて来た。
怪しいステップ。
『チョコドリンクとな…』

飲んでみる。

『………』
うわあ怪しい笑み。

味較べ。

『vvvvv』
コゲの呆れたような表情が何とも言えない。
『そんな所吸っても何も出んわ』


『やっぱりここか!』
朝から破廉恥だなあ。

………。

何事にも限度と言うのはあります。


(精々やってろ色情狂ども…)
心配しなくとも、翌年にはバレンタインと仲良く戯れている。

メリッソ編

色情狂どもは放っといて、

今日もドライブだ!


今日も壮絶運転で行こう!

で、南部のメリッソに向かいがてら、何だかいい感じのビーチがあったので車を停めてみた。

ココスラグーンも近かったと思う。
…で、車を停めがてらなんだか走行中時々聞こえるざりざりサウンドが気になってフロントバンパー下を覗いてみた。
…やべえ…、バンパー、こんなにへっこんでたっけ…?つか変形して下の樹脂カバーが押し出されてそれを引きずってざりざり鳴らしていたようだ。
バンパーは押したら形は何とか直ったが…プロが見たら一発バレだろう。
どうするDAWN!?…ま、いっか…。戻したらざりざりが鳴らなくなって走行には支障ないし、運転に絶対の自信が無いので保険にも入っていたし…。

くよくよしても仕方が無いので景色を堪能する。つうか、そんなに大事とは捉えていなかった。

この景色。


やべえ、泳ぎてえ。


折角の景色なのになんしかリゾートな体裁にならない。
精進あるのみだ。


暫く歩くと、石の塔が見えて来た。


鐘楼だ。

石造りが良い感じなので、撮ってみた。

何しかカノンの表情も良い感じだ。


『当たり前だ。元が良いからな』

そして、目の前には教会が。


それは晴れたり曇ったり。


公園内をうろうろする。


目の前にはココス・アイランドが見える。

今思うと言っときゃ良かったと思うココス島。

『後悔先経たずと言うものだ』

何かリゾート風なので、

ミーノスさん登場。


頭小さいのかテンガロンがソンブレロに見えてしまう。

ココスラグーンを見る。

何か女の子みたいだ。

ミーノスを〆に更に島を南下する。
次は熊岩だ!

ページの先頭へ戻る
次のページへ行く次のページへ行く
メインのページへ戻る