尚も続くサガラダ遊戯。
何故サガラダなんですか!?もう自分でも分かりません。
ただ言えるのはDAWNが天の邪鬼だと言うことです。


今日もイチャイチャ。
冬の風物詩ですね。


夏なら絶対にこんなことしません。


それにしても随分積極的ですなあラダマイス。
これを世間ではツンデレと言う。


上に跨がる。
流石にこれは照れてるぞ。


それはそうと…、

メインはこれでした。

ラダマイス『今日は用事があったついでにケーキを買って来たのだ』
サガ『お前がケーキとは珍しいな』
毎回ケーキには興味示さんからな。


ラダマイス『これなのだ』


京菓子のシュヴァンセルで買った『さがの路』。
何だ、名前買いかよ!
京都に立ち寄った際はお土産と話のタネにどうぞ。

早速食べるのだ。

サガ『さがの路か…』
と言いつつしおりを読むサガ。


ラダマイス『お前は食べないのか?』
サガ『私は甘いものはどうも』
弟共と違ってあまりケーキに執着心は無い。

なので一人で食べ始めるラダマイス。
片手だけ何気に冥衣。

ラダマイス『うん旨い。サガの味がする』
サガ『私の味だと…?…どんな味だ?』


どんな味って…、

こんな味。

積極的だなラダマイス。

これは予想外だったようだ。

サガ『そうか…悪くないな…』
ラダマイス『…だろう?』


サガ『もう一口くれないか』
ラダマイス『ほれ』

………。

サガ『いや、そっちじゃなくて…』
ラダマイス『?』
この朴念仁。

で、どんどん賞味するラダマイス。

ラダマイス『旨いのだ〜♪』


『もう一口』が欲しかっただけに少し悔しそうなサガ。

ともあれ、完食だ。

ラダマイス『食った食った』
サガ『完食だな』

以上、甘甘ケーキ遊戯でした。

オマケ

既に遅かりし。

カノン『おかしいな…。確かに微かなケーキの小宇宙は感じるのだが』
それは一体どんなんですか。


何時もながら得意げなラダマイス。
ラダマイス『フン。残念だったな、箱以外は全て処分した』
その辺りは抜かり無し。
サガ『…顔にクリーム付いたままだぞお前』

…お粗末さまでした。

ページの上に戻る