ラダマイス大捕り物遊戯

パラ銀での運命的な(?)出会い以降、
osg様のラダマイスに捕獲に燃えているWSTラダマイス。
捕まえてどうする気なんですか?

で、本日その野望を遂に実行に移した。
greatest_capture01.jpg
 ラダマイス『これで捕まえるのだ!』
何とロープ持参。
背後の頼りなさそうなのは助手に動員されたAPラダ。

が、マイスとは言え相手はラダマンティス。結構手強い筈だ。
で、ある人物で予行演習することにした。

それが、
greatest_capture03.jpg
ただでさえ強面のラダマイスども一の強面とされるラダマイス3号。
ちなみにこの人、去年は胸像姿でした。
何故にこの格好なのだと言うといや、何となく…。

ともあれ、
greatest_capture02.jpg
ラダマイス1号『我が欲望の犠牲となってもらうぞ!』
ポーカーフェイスで恐ろしいことを平気で言う。
APラダ(カアチャンが二人…)
ラダマイス3号『???(何なんだこいつら?)』

で、
greatest_capture04.jpg
ラダマイス1号『そこ押さえてろトウチャン!』
ラダマイス3号『??貴様等、一体何をする!?』
全くだ。
APラダ(あ、標準語喋ってる)
関西弁は1号だけで充分ですから。

greatest_capture05.jpg
ラダマイス3号『何のつもりだ!何をする!』
本当だ。何がしたいんだろうこいつら。
ラダマイス1号『去る人物を首尾よく拉致できるかお前で実験するだけだ』
APラダ『そうだ。何だか良く分からんが大人しくお縄に着け!』
分からんでやっているのかお前。

大人しくお縄に着けだと…?
greatest_capture06.jpg
ラダマイス3号『笑止!』
APラダ『がっ!』
何だか良く分からん任務に参加させられ、その上報復までされるとは。
ラダマイス1号『何やっとんねんトウチャン!』

その上、
greatest_capture07.jpg
ラダマイス3号『人を心配する前に自分の身を心配しろ!』
ラダマイス1号『…がっ!』
流石は一昨年の年末にデスマスクを一撃で倒した男だ。
自分と同じ顔に躊躇無くチョップを喰らわすとは。

…で、
greatest_capture08.jpg
二人ともあっさりと倒された


ラダマイス3号『…笑止。その程度でこのオレを捕らえようなど100年早い』
流石はラダ純度の高いラダマイスだ(何だそりゃ)。
一回戦目は見事敗退。
と言うことは二回戦目があるのか??

二時間後。

めげずにあるものをせっせと準備するラダマイス1号。
greatest_capture10.jpg
ラダマイス1号『〜♪』

それは…、
greatest_capture11.jpg
雀捕りの罠だ。
ポイントは囮の鯛焼き。ここテストに出ます。
ラダマイス『これで準備万端なのだ』
雀か…。

…が、
greatest_capture12.jpg
APラダ『…お、鯛焼きv』

で、
greatest_capture13.jpg
APラダ『うお!』
ラダマイス『お前が罠に掛かってどないするねん!』

ともあれ、APラダが雀並みなのは分かった。
greatest_capture14.jpg
APラダ『あー、一時はどうなるかと思った』
ラダマイス『…何やっとんねん阿呆』
ともあれ、こいつが掛かったら上手く行くんじゃないかと思うラダマイス。

で、再セット。
greatest_capture15.jpg
ラダマイス『今度はチビが掛かりそうだな…』

数分後、
greatest_capture16.jpg
ラダマイス3号『………』

何と、目の前にバレッバレの罠が。
greatest_capture17.jpg
ラダマイス3号(オレは雀か…)
後ろで掛かるのを今か今かと待っているラダマイス1号の方が実は雀並みなのかもしれない。

………。
greatest_capture18.jpg
ラダマイス3号『………』
ラダマイス1号『………』

………。
greatest_capture19.jpg
ラダマイス3号『…おい、あの鯛焼き、蠅が集ってるぞ』
ラダマイス1号『…何?本当か?』

で、
greatest_capture20.jpg
思いっきり蹴り込まれた。

仕上げに、
greatest_capture21.jpg
フタを落として完成。

やはり雀並みか…。
greatest_capture22.jpg
ラダマイス1号『しまった〜!何たる不覚!』
ラダマイス3号(こんな出任せに引っ掛かるだなんて…)
2月に蠅が出る訳ないだろ。

greatest_capture23.jpg
ラダマイス3号『馬鹿め!そんな罠にこのオレが掛かるか!そもそもオレは甘いものが嫌いなのだ!!!!』
そう言えばそうでした。

*初登場時*
この頃はボディーがありました。
『悪いがオレは、チョコパイなどと言う甘いもんは喰わんのだ』
茶菓子を理解する風流な舌も持ち合わせていなさそうだ。
それはそうと、普段より一層抜けて見えるラダマイス1号の図。

greatest_capture24.jpg
ラダマイス1号(だったらたこ焼きにしておけば良かった…)
いや、違うだろ。
でもこれしきでは諦めないのがラダマイスの仕様と言うもの。
この後、どうやってザルから脱出したかは謎。

…お粗末さまでした。

ページの上に戻る