カノン島の鬼vs自称弟子特集

何となく思いつきで描き散らしていたので。
すぴばるで絶賛活躍中のカノン島の鬼と、自称弟子の先代ペガサスです。
絵柄と言い何かとアレなので、焼成時間をあやまったカノン島の鬼よろしく先代ペガサスも例のLC主人公と同一人物であると考えない方が良い。

聖域からカノン島に移った鬼、麓の町へ買い出しに出るも、

右手に持った籠が哀愁だ。


すっかりいじけた。

失意の鬼の元へ、弟子入り志願者が。

弟子ではなく、筆下し志願だ…。

ともあれ修行開始。
マグマダイビングの修行を鬼から言いつけられたのだ。


どうやら、テンマの脳内では鬼はこう見えているらしい。

で、結局マグマダイブに失敗した。
命からがら岩に飛びつくも、

結論、やっぱりぶっ飛ばされる。

で、やはり

ぶっ飛ばされた。

そんでもってマグマの中に。

あちいで済むレベルではないと思うんだがな。

普通に見たら残酷物語だ。
ジュワーで済むレベルでもない。

しかし、相手は鬼なので仕方が無い。

鬼の手荒な修行は何時ものこと。
極限状態でテンマが思い浮かべたことは、


実在の鬼とすげえギャップだ。

で、テンマ、小宇宙の力で見事に復帰。
童貞のままでは死ねなかったみたいだ。

かけ声がWSTテンマ。

無事切り抜けたは良いが、

多分、このままマグマの滝壺にたたき落とされること請け合いだと思う。

またそんなある日、

なんしかカノン登場。



何があったのか、ムキムキのテンマ。
飽くまで未成年はお断りの鬼。




…お粗末様でした。